ヘッダー画像

【横浜市】おすすめ事業系ごみ回収業者ランキングTOP3

e-BRIGHT(イーブライト)
e-BRIGHT(イーブライト)の画像
おすすめポイント
24時間365日いつでも回収可能。飲食店を中心にあらゆる業種や業態に対応
もっと詳しく
横浜環境保全
横浜環境保全の画像
おすすめポイント
設立から50年、廃棄物の回収から再資源化までの仕組みを確立している
もっと詳しく
武松商事
武松商事の画像
おすすめポイント
業界最大規模の車両を保有し、大量廃棄の回収も可能。廃棄物を一括で取扱う
もっと詳しく

横浜市でおすすめの事業系ごみ回収業者をランキング形式で紹介します!

店舗を経営していたり事業をおこなっていると、ごみ回収に頭を悩ませることがあるのではないでしょうか。事業系ごみは家庭ごみとは異なり自治体での収集ができない、もしくは届出が必要となるので業者に回収を依頼するのが一般的です。もちろん回収には費用がかかりますが、業者に依頼するメリットもあります。これから事業系ごみの回収を依頼したいと思っているのなら、

・事業系ごみに該当するものがなにか
・自社処理が可能なのかどうか
・地域によるごみの取り扱いについて

などは、事前に調べて確認しておくことが大切です。そこで当サイトでは、横浜市の事業系ごみについての基本から、回収業者の選び方までまとめてご紹介していきます。さらに、WEBアンケートをもとにおすすめの事業系ごみ回収業者をランキング形式でご紹介しています。

そのほかにも「事業系ごみと家庭ごみの違い」「横浜市のごみ回収ルール」などについてご紹介していきます。回収業者についてだけではなく、こういった基本的なことを知っておくと、ごみ回収について悩むことも少なくなるはずです。あらかじめ当サイトで解説している内容をチェックし、事業系ごみの扱いについての不安をなくしていきましょう。

【横浜市】おすすめ事業系ごみ回収業者ランキング一覧!

e-BRIGHT(イーブライト)の画像1
24時間365日いつでも回収可能。飲食店を中心にあらゆる業種や業態に対応

e-BRIGHT(イーブライト)は、飲食店を中心に、美容室、歯医者、オフィスなどさまざまな業種・業態の一般廃棄物処理のサービスを提供している業者です。電話を受けてからスピードが早く、また可燃・不燃の区別なく対応できることから多くの企業に支持されています。

また家庭や企業から出る大型家具、大型家電、不用品処理や故人の遺品整理などにも幅広く対応しており、さまざまな場面で頼ることができます。

e-BRIGHT(イーブライト)の強み

スピード対応&可燃・不燃の区別なく対応!事業系ごみから遺品整理まで幅広くOK

e-BRIGHT(イーブライト)の基本情報

特徴飲食店を中心に美容室、歯医者、オフィス、企業などさまざまな業種・業態に対応
実績横浜・川崎エリア事業系ごみ回収サービス人気No.1
飲食業関係者が推奨するごみ回収サービスNo.1
総務部・環境部が選ぶ事業系廃棄物専門会社No.1
強み電話を受けてからの対応スピードが早い、不燃・可燃の区別なく対応可能
回収可能なごみ一般廃棄物、産業廃棄物、機密文書、粗大ごみ
お問い合わせ電話・メールフォーム・email・FAX
MAP
横浜環境保全の画像1
設立から50年、廃棄物の回収から再資源化までの仕組みを確立している

横浜環境保全は、昭和47年2月設立の歴史と実績あるごみ回収業者です。一般廃棄物や産業廃棄物の収集や処理はもちろん、産業廃棄物の中間処理や資源物収集運搬、そのほかプリント事業やゴミ袋販売など幅広い活動をおこなっています。

産業廃棄物の収集においては、ルート便での回収から個別のスポット回収まで、ニーズに合わせた提案をしてくれるので安心です。

横浜環境保全の強み

事業系ごみの回収から車両プリントまで!リサイクルにも対応可能で幅広く利用できる

横浜環境保全の基本情報

特徴横浜市より一般廃棄物収集運搬業許可第一号を受けた業者
実績エコアクション21、横浜型地域貢献企業認定など
強みリサイクルやゴミ袋販売など多岐にわたる活動
回収可能なごみ一般廃棄物、産業廃棄物、資源物
お問い合わせ電話・メールフォーム
MAP
武松商事の画像1
業界最大規模の車両を保有し、大量廃棄の回収も可能。廃棄物を一括で取扱う

武松商事は、多種多様な廃棄物を一括して取り扱うことができるごみ回収業者です。横浜市において業界最大規模となる特殊車両を保有しており、大型車両から小型車両まで顧客の回収ニーズに合わせて150台以上の車両から選んで訪問しているのも特徴です。

中間処理・リサイクル事業では、今までの枠にとらわれず自由な発想でリサイクルシステムを構築し顧客の企業価値を高め、CSR活動のサポートを実施しています。

武松商事の強み

業界最大規模となる特殊車両を保有!多種多様な廃棄物を一括して取り扱い可能

武松商事の基本情報

特徴多種多様な廃棄物を一括して取り扱いすることが可能
実績2022年度の「横浜健康経営認証2022」において、最上位の「横浜健康経営クラスAAA」認証事業所として認証
強み横浜市において業界最大規模となる特殊車両を保有
回収可能なごみ一般廃棄物、産業廃棄物など
お問い合わせメールフォーム
MAP
有限会社ビッグサービスの画像1
大型の産業廃棄物や機密文書の処理も安心して任せられる

有限会社ビッグサービスは、川崎市と横浜市の一般廃棄物収集運搬業の許可業者です。ちゅう芥類(生ごみ)やリサイクルできない紙類等を回収して市の焼却工場に運搬してくれます。

資源集団回収専属チームによる、分別ルールの説明と周知、集積場所の地図管理、看板の制作、行政への提出書類の整備等、資源集団回収に関わる業務全般をサポートしているのも特徴です。

ビッグサービスの強み

2,000件を超える事業主様との取引実績!資源集団回収に関わる業務全般をサポート

有限会社ビッグサービスの基本情報

特徴川崎市と横浜市の一般廃棄物収集運搬業の許可業者
実績2,000件を超える事業主様との取引実績など
強み顧客の都合にあわせた回収頻度や時間帯に対応できるよう複数の巡回車両が稼働
回収可能なごみ一般廃棄物、産業廃棄物、古紙
お問い合わせ電話・メールフォーム
MAP
藤ビルメンテナンスの画像1
収集から再資源化までを自社でトータル管理し、資源循環型社会の貢献に寄与

藤ビルメンテナンスは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・石川県・富山県でゴミ収集業務をおこなっている業者です。ゴミの収集から運搬、適正処分及び再生資源化にいたるまで、自社内でトータルに管理できるのが大きな強みです。

ゴミ再生資源化ラインでは、徹底した分解・分別をおこない、リサイクル率を高めることで「資源循環型社会」の進展に貢献しています。

藤ビルメンテナンスの強み

幅広い地域に対応!ゴミの収集から運搬、適正処分及び再生資源化までトータル管理

藤ビルメンテナンスの基本情報

特徴「資源循環型社会」の進展に貢献
実績エコアクション21取得、平性29年横浜市優良事業者認定
強みゴミの収集から運搬、適正処分及び再生資源化にいたるまで、自社内でトータルに管理できる
回収可能なごみ一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理産業廃棄物
お問い合わせ電話・メールフォーム・FAX
MAP

横浜市でおすすめの事業系ごみ回収業者アクセス一覧

【その他】横浜市のおすすめ事業系ごみ回収業者

春秋商事

春秋商事は、一般廃棄物はもちろん産業廃棄物にも対応しており、ただ処分するだけでなく常に環境を守ることを第一に事業を展開しています。

基本情報
住所 〒224-0044 神奈川県横浜市都筑区川向町1160番地
TEL 045-472-5272
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物、事業系ごみ、粗大ごみ
事業内容 一般廃棄物収集運搬業/産業廃棄物の収集運搬業/産業廃棄物処分業/一般貨物運送業など
対応地域 横浜市など
三誠企業

横浜市にある三誠企業株式会社は、商店やオフィスなどの事業系ごみを回収している会社です。横浜市内で事業系ごみのルート回収を行っており、ゴミの出し方や分別方法など、それぞれの顧客に合った提案をしています。

基本情報
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町3257
TEL 045-934-5055
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物、事業系ごみなど
事業内容 一般廃棄物収集運搬業/産業廃棄物収集運搬業/リサイクル再生事業/古物商・倉庫業/清掃及び解体工事
対応地域 横浜市など
大塚産業

神奈川県横浜市都筑区に本社を構える大塚産業有限会社は、昭和47年創業の老舗企業です。横浜市の一般廃棄物収集運搬をはじめ、神奈川県や東京都の産業廃棄物収集及び運搬に関しても許可を取得している優良企業です。

基本情報
住所 〒224-0034 神奈川県横浜市都筑区勝田町1286-3
TEL 045-941-2954
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物、事業系ごみ
事業内容 一般廃棄物・産業廃棄物収集運搬業/各種リサイクル事業/各種清掃および環境マネジメント業
対応地域 横浜市など
佐々木商店
基本情報
住所 〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町2丁目103-3
TEL 045-311-3619
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物
事業内容 一般廃棄物収集運搬業/産業廃棄物収集運搬業
対応地域 神奈川県内
fromD(フロムディ)
基本情報
住所 〒241-0832 神奈川県横浜市旭区桐が作1653
TEL 045-530-9800
回収可能なごみ 産業廃棄物
事業内容 事務所・工場などへのコンテナの設置/建築現場・ビル改装の廃棄物の撤去/解体現場からの運搬業務請負い
対応地域 横浜市、川崎市、東京都など
不用品回収アース神奈川
基本情報
住所 〒226-0016神奈川県横浜市緑区霧が丘2-12-11
TEL 0120-923-527
回収可能なごみ 不用品、粗大ごみ、廃品、家具、家電など
事業内容 家電・バイク・農機具・家具・厨房機器・オフィス用具などの買取/不用品の対応/遺品整理/ゴミ処理/バイク処理/オフィス用品の処分など
対応地域 神奈川全域
新和商会
基本情報
住所 〒244-0813 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2969番地1
TEL 045-822-2104
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物など
事業内容 一般廃棄物収集運搬業/産業廃棄物収集運搬業/資源回収・機密書類収集運搬処理/有機リサイクル(収集運搬)/一般家屋解体業/古物商(塚 第4-123号)・非金属商
対応地域 東京都、神奈川県など
光輝
基本情報
住所 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2丁目7-10
TEL 045-212-4955
回収可能なごみ 一般廃棄物、産業廃棄物など
事業内容 中間処理業(産業廃棄物)/産業廃棄物収集運搬業/古物商/一般廃棄物収集運搬業/清掃および各種製品の組立加工員出向/リサイクル業/建物解体施工一式/フロンガス回収業/海外貿易商
対応地域 東京都、神奈川県など
エコ☆えこ
基本情報
住所 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート 7階
TEL 0120-111-007
回収可能なごみ 家庭・オフィス・店舗・工場・倉庫等の不用品全般など
事業内容 不用品回収/遺品整理・生前整理/買取査定/引越し・運搬・配送/ゴミ屋敷片付け/便利屋サービス/ハウスクリーニング/修繕・修理・リフォーム
対応地域 千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県
ワンナップLIFE
基本情報
住所 〒211-0004 神奈川県中原区新丸子東2丁目924-8
TEL 0120-791-014
回収可能なごみ 事業ごみ、粗大ごみなど
事業内容 不用品・粗大ゴミ処分/ゴミ屋敷の掃除・片付け/引越し時の粗大ゴミ回収/遺品整理/ハウスクリーニングなど
対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

事業系ごみとは

事業系ごみとはの画像
まずは事業系ごみがどのようなものなのか、家庭ごみとの違いなどについてご紹介していきます。現在事業をおこなっている方はもちろん、これから事業をおこなう予定の方もぜひ参考にしてみてください。

事業系ごみとは

まず事業系ごみとは、簡単に言うと事業活動をおこうことで発生したごみのことを指します。事務所や飲食店や店舗などの営利事業だけではなく、学校や病院、公民館などの非営利団体から出たごみも事業系ごみとして扱われます。ごみの内容は同じでも、事業者から出たごみと家庭から出たごみでは扱いが異なるのです。

家庭から出たごみを「一般廃棄物」と呼ぶのに対し、事業活動によって出たごみは「産業廃棄物」と呼びます。この産業廃棄物は自治体ではなく事業者自身で回収や処理をおこなうことが義務付けられています。

事業系ごみの分類

実は事業系ごみは「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」の2種類に分類されています。産業廃棄物というのは、事業活動に伴い発生した廃棄物のうち廃棄物処理法に定められている20種類のごみを指します。

20種類のうち特定の事業ではなく、あらゆる事業活動において生じる産業廃棄物が、燃え殻・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・ゴムくず・金属くず・ガラスくず/コンクリートくず/陶磁器くず・鉱さい・がれき類・ばいじんの12種類です。そして特定の業種から生じる産業廃棄物が、紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残渣・動物系固形不要物・動物のふん尿・動物の死体・汚泥のコンクリート固形化物等の8種類となっています。

食品リサイクル法について

食品を扱う事業者が知っておきたいのが、食品リサイクル法です。正式名称は「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」といって、2000年に制定された法律です。これは食品関連事業者に対し、売れ残った食品や食べ残し、製造過程で出る食品廃棄物の削減、または畜産農業などで使用する飼料や肥料への再生利用を推進する内容です。

実際に何をおこなうべきかというと、発生した食品廃棄物を家畜の飼料や農業肥料などに再利用できるようにすることです。再生利用が難しい場合は熱回数、またはそのための譲渡が有効です。ただし、知識やそのためのシステムが必要となることでもあるので、まずは法律の目的や内容を理解し、できることから始めましょう。

  • 事業活動で生じたごみは、すべて事業系ごみに分類される
  • 事業系ごみも「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」の2種類がある

【横浜市】事業系ごみに関するルール

【横浜市】事業系ごみに関するルールの画像
横浜市で事業をおこなうのなら、横浜市の事業系ごみの取り扱いについて知っておく必要があります。事業者の債務として、事業者はその事業活動に伴って生じたごみ(事業系ごみ)について、法律及び条例に基づき、自らの責任において適正に処理しなければならないと定められています。ここでは、事業系ごみに関する横浜市でのルールや分別についてなどをご紹介していきます。

一般廃棄物

横浜市の事業系ごみで、一般廃棄物に含まれるのはの3種類「資源化可能な古紙」「生ごみ(食品残さ)」「一般ごみ(燃やすごみ)」です。3種類それぞれに何が含まれるのか、それぞれの注意点は下記のようになります。

資源化可能な古紙

対象:ダンボール、紙パック、新聞、雑誌、オフィス紙、ミックスペーパー

注意点
・古紙類は品目ごとの分類をして、古紙のリサイクル業者もしくは一般廃棄物の処理業者へ委託してリサイクルをおこなう。
・資源化可能な古紙は、市の焼却場への搬入不可。
・建設工事や紙加工品の製造業など、特定の事業活動に伴って発生した紙くずは産業社域物として扱います。

生ごみ(食品残さ)

対象:食品の食べ残し、売れ残り、食品残さなど(産業廃棄物に該当するものを除く)

注意点
・排出する前に、水分をよく切ること。
・食料品製造業などの特定の事業活動に伴って発生するものは産業廃棄物となります。
・食品関連事業者は、食品リサイクル法により減量、リサイクルが義務付けられています。
・生ごみ処理機や、リサイクル施設に搬入して資源化が可能です。
・リサイクルできない場合は、一般ごみと分ける必要はありません。

一般ごみ(燃やすごみ)

対象:使用済みのティッシュペーパー、リサイクルできない紙、草、落ち葉など

注意点
・できるかぎり、リサイクルできるよう分別をしてください。
・どうしてもリサイクルできないものは、一般廃棄物の処理業者へ委託して適切に処理してください。

産業廃棄物

上記でご紹介した一般廃棄物に該当しないもので、処理業者へ委託して適正な処理が必要なものが産業廃棄物です。産業廃棄物には「廃プラスチック類(ペットボトルを含む)」「金属くず(飲料用缶を含む)」「ガラス・陶磁器くず(飲料用びんを含む)」「廃油」「電池」が含まれます。それぞれの詳細や注意点は下記のようになります。

廃プラスチック類(ペットボトルを含む)」

対象:飲料用ペットボトル、調味料ペットボトル、発泡スチロール等の緩衝材類、PPバンド、弁当・カップめんの容器、ラップ類やトレー、ビニール袋、たばこ等の外装フィルム、化学繊維製の布など

注意点
・汚れが付着していても、一般ごみではありません。産業廃棄物として処理してください。
・できるかぎり、リサイクルしてください。

金属くず(飲料用缶を含む)

対象:飲食用の缶、商品の入っていた缶、ハサミや刃物類、アルミホイル、ホッチキス針、安全ピン、一斗缶、釘、クリップなど

注意点
・できるかぎり、リサイクルしてください。

ガラス・陶磁器くず(飲料用びんを含む)

対象:飲食用のビン、商品の入っていたビン、コップ等ガラス類、蛍光灯や電球、茶碗等の陶器類、植木鉢、調味料などのガラス製容器など

注意点
・蛍光灯・電球は、産業廃棄物の金属くずとガラス・陶磁器くずの混合物に分類されます。
・できるかぎり、リサイクルしてください。

廃油

対象:食用油、ラード、鉱物油、エンジンオイルなど

注意点
・できるかぎり、リサイクルしてください。

電池

対象:アルカリ乾電池、マンガン乾電池、小型充電式電池など(金属くずや汚泥等の混合物に分類)

注意点
・できるかぎり、リサイクルしてください。

そのほかのごみ

業種や材質などによって廃棄物の区分が異なるごみが「木くず」「古布」「その他」の3種類です。それぞれの内容や注意点は下記のようになります。

木くず

対象:木製品、木製パレット、せん定枝など

注意点
・建設工事や木製品の製造業など特定の事業活動に伴い発生した場合と貨物流通用木製パレット等は産業廃棄物、その他は一般廃棄物です。
・樹木のせん定枝などは、できるかぎり、リサイクルしてください。

古布

対象:不要になった作業服・制服、デコレーションに使用した布など(ただし、合成繊維を除く)

注意点
・建設工事や繊維工業など特定の事業活動に伴い発生した場合は産業廃棄物、その他は一般廃棄物です。なお合成繊維は廃プラスチック類です。

その他

対象:オフィスの机・椅子、ロッカー・棚等、家電製品、パソコンなど

注意点
・材質により、一般廃棄物又は産業廃棄物になります。
・金属、プラスチック、ガラス等は、産業廃棄物の処理業者、木製品は一般廃棄物の処理業者へ委託し、処理してください。
・テレビ、エアコン、冷蔵(凍)庫、洗濯機、衣類乾燥機、パソコンは、法律によりリサイクルが定められています。処理は、販売店やメーカーにお問い合わせください。

  • 横浜市においての事業系ごみのルールをよく理解しておこう
  • 一般廃棄物と産業廃棄物では回収が異なるので注意

事業系ごみって、自社で処理することは可能なのか?

事業系ごみって、自社で処理することは可能なのか?の画像
事業系ごみの処理を、自社でおこないたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ここでは事業系ごみを自社処理することができるのかどうか、またできるとしたらどのような方法で処理をするのかなどについてご紹介していきます。

事業系ごみの処理ルール

地域によってルールは異なりますが、横浜市では事業系ごみについて清掃工場に自己搬入するか、許可業者に回収を依頼するかのどちらかの方法となります。また自己搬入が可能な品目は、原則として一般廃棄物のみであることにも注意しなければなりません。

不燃物、不燃性粗大ごみなどを含む産業廃棄物は市で対応していないため、産業廃棄物の処理委託業者に回収を依頼する必要があります。

事業系ごみ収集の流れ

横浜市で事業系ごみを収集する場合の流れについても知っておきましょう。まずオフィスや店舗から出たごみは、適正処理とリサイクルの2つに分別されます。

適正処理に分別されたごみは焼却工場へ運搬され焼却処理されます。リサイクルに分別されたごみは、資源化施設に運搬され再商品化されます。

事業活動に伴って発生するごみの大部分は資源としてリサイクル可能だそうなので、単純にごみとして考えるのではなくリサイクルを意識したごみの処理をおこなうことが大切です。

自己搬入する場合

一般廃棄物を横浜市の焼却工場へ自社搬入する場合は、事前に一般廃棄物が生じた区の資源循環局収集事務局へ申請する必要があります。ただし、搬入できないものとして下記のようなものが挙げられるので、注意しましょう。

・廃プラスチック類
・金属くず
・ガラス陶磁器くず
・建設業の係わる木くず
・廃油等
・缶、びん、ペットボトル
・資源化可能な古紙類

搬入物検査もおこなわれるため、このような搬入禁止物を持ち込んだ場合は持ち帰りなどの指導を受けてしまいます。搬入可能なごみかどうか不安な場合は、事前に確認しておきましょう。

自己搬入のメリット・デメリット

自己搬入をすることの大きなメリットは、行政が定めている単価のみで処理が可能なため料金が安いということです。また民間の産業廃棄物処理業者と契約する必要がないため、その手間もかかりません。

ただしデメリットもあり、まずは清掃工場の受付時間内に搬入する必要があることです。市区によって多少の時間の違いはありますが、基本的には日中のみとなります。そのため深夜営業などをされている事業者の方は搬入が難しいでしょう。

また清掃工場で受入不可の産業廃棄物については、別途回収業者の契約をおこない処理する必要があります。産業廃棄物を出す場合はどちらにしても回収業者との契約が必要なので、わざわざ自社搬入をする手間や時間を使う必要はないのではないでしょうか。

そして清掃工場では一般廃棄物許可を持つ業者や、ほかの事業者が自己搬入をおこなうのと同様に順番待ちをする必要があります。限られた時間内で多くの方が搬入をおこなうので、長い時間待つこともあり、時間を無駄にしてしまう可能性が考えられます。

居住併置事業について

横浜市では、小規模の居住併置事務所や店舗から出るごみについて、下記の要件にすべて該当する場合ごみの処理手数料を不要としています。

・居住と併置する事務所であること
・従業員が同居の親族等で構成されていること
・ゴミの量が常時1日平均「家庭ごみ・事業ごみ」合わせて5キログラムまたは、「事業系ごみ」が3キログラム以下であること

手数料は不要ですが、上記に該当する場合でごみを出す場合は届出が必要です。住んでいる区の資源循環局の収集事務所と一般廃棄物対策課にて届出書を配布しているので確認してみてください。

  • 横浜市で自社搬入できる事業系ごみは、一般廃棄物のみ
  • 産業廃棄物は回収業者に依頼して処理してもらう必要がある

事業系ごみ回収業者に頼むメリット

事業系ごみ回収業者に頼むメリットの画像
事業系ごみについて、ここまでさまざまな面からご紹介してきましたが、やはり自己搬入などをおこなうより回収業者に依頼したほうがメリットは大きいと言えます。ここでは、事業系ごみを回収業者に依頼するメリットについてご紹介していきます。

さまざまなものを処分できる

自治体などに依頼すると多くの制限があり、ごみ出し自体がとてもストレスに感じてしまう方もいるのではないでしょうか。回収業者は事業所から発生したごみだけではなく、家庭ごみの回収もおこなっており、あらゆるごみを回収してくれます。処分が難しそうに感じるものでも、回収業者へ依頼すれば簡単に処分できるというのは大きなメリットでしょう。

ゴミ出しの手間がかからない

自治体のゴミ回収では回収場所が決められているため、自分で指定の場所に持っていく必要があります。もし大量のごみがあっても、その場所まで自分で運ばなければならず大きな手間になってしまいます。その点回収業者に依頼すると、回収場所を依頼できるので自分たちにとって便利な場所で回収してくれます。

またいくつかの事業所や店舗を持つ方で、自治体のゴミ回収を考える方もいるでしょう。その場合、その事業所のある地域ごとに回収の手続きをおこなわなければならず、それ自体が大きな手間になってしまいます。回収業者ならある程度近隣の地域なら回ってくれるので、細かな手続きをする必要もありません。

日程調整が可能

自治体でのゴミ回収は、曜日があらかじめ決められており指定することはできません。事業所や店舗の営業時間によっては、指定されていることが不便に感じることもあるでしょう。

その点回収業者は回収の日程調整が可能で、定期的な回収に加えてスポットでの回収も可能な場合が多いです。都合のいい曜日と内容に調整できるのは、メリットに感じる方も少なくないのではないでしょうか。

  • ごみ出しの手間を大幅に減らすことができる
  • 日程調整も可能なので、都合に合わせた回収をしてもらえる

ごみ回収業者選びで重要視したいポイントは?アンケート調査しました!

ここまで、事業系ごみ回収の基本知識をご説明してきました。次は実際にごみ回収業者を選んでいきたいところですが、その前に他の方がどのようなポイントに注目するべきだと考えているのか知っておきましょう。

今回、一般の方に向けてWEBアンケートを行い、意見を聞いてみました。ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

「費用」という回答が圧倒的に多くなりました!適正価格でごみ回収をしてもらえるのかどうかは重要ですね。自社の予算に合った業者を選んでみてください。

「対応の良さ」についても重要視している人が多い項目でした。問題があると安心してお任せすることができません。きちんと話ができるのかお問い合わせをしてみましょう。また、「問い合わせ~対応までのスピード」が素早いかどうかも大事です。

自社に合わせて「回収スケジュール」の調整ができる業者は利用しやすいですね。要望が通るのか依頼する前に確認してみてください。

「業者の口コミ・評判」も事前に確認しておくと、自社に合ったごみ回収業者を選びやすいでしょう。

それから、「地域密着」の業者は地元のことを知り尽くしているため、スムーズにごみ回収してくれるのではないでしょうか。

次の見出しでは、アンケート結果を踏まえて、さらに詳しい内容をお話していきます。

事業系ごみ回収業者を選ぶポイント

事業系ごみ回収業者を選ぶポイントの画像
これから事業系ごみの回収を業者に依頼しようと考えている方は、どのように業者選びをすればいいのかを考えなければなりません。横浜市にも回収業者は数多く存在するので、何を基準に選べばいいのかわからないという方も少なくないでしょう。そこでここでは、ごみ回収業者を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

廃棄物処理の許可

まずはじめに確認するべきポイントとして、自治体の許可を得て営業している業者かどうかという点が挙げられます。また回収したごみをどのように処理しているかについても、しっかりと確認しましょう。

中には無許可で営業している業者もあり、そのような業者は不法投棄などをおこなう可能性もあります。許可されている業者かどうかは、自治体のホームページなどでも確認ができるので、必ずチェックしてみてください。

回収時間・曜日の調整

回収業者に依頼する大きなメリットのひとつが、回収時間や曜日の調整ができることです。しかし中には、余裕がなく希望通りの回収をおこなってくれない業者もいるそうです。
そういった業者は依頼者の都合に合わせた対応ができない、調整をしてもそのとおりに回収してくれない、連絡が滞りがちなどの特徴があることが多いので、相談した時点でそのあたりをよく見極めてみましょう。契約後に希望通りの対応をしてもらえないと、業者の変更をする手間がかかってしまい余計な時間を取られてしまうことになりかねません。

スピード

お問い合わせや相談をした場合、またクレームに対してスピーディに対応してくれる業者は信頼できる業者である可能性が高いです。素早い対応ができるということは、それだけ対応できる人材の確保ができており、内容に合わせた対応ができる知識や経験が豊富であるからです。

またすぐに対応してくれることは安心感にも繋がるので、ごみに関して余計な心配をしなくていいというメリットもあります。

対応の良さ

担当してくれる方の対応の良さにも注目してみましょう。しっかりとコミュニケーションが取れ、廃棄物に関する知識があるスタッフなら不安を感じることがありません。質問や相談をした際に、最適な回答をくれたり柔軟な提案をしてくれたりするようなスタッフがいる回収業者を選びましょう。

費用

ごみ回収に関する費用が適正であり、明確であるかどうかもチェックしたいポイントです。適正価格を知るために、またわかりやすい費用を提案してくれるかどうかを確認するために、まずは複数社に見積りを依頼してみましょう。

大幅に安い価格を提案してくる場合は、契約する際にオプションなどの別途費用を提案してくる可能性があります。明細書は隅々まで確認し、不明瞭な点がないかを必ず確認してください。そして不明な点がある場合はすぐに質問し、適切な返事が返ってくるかも確認しましょう。

  • 必ず自治体の許可を得て営業している業者を選ぼう
  • 対応力や柔軟性などもチェックして、不安なく任せられる業者を見つけてみて

自社の都合にあった対応ができる業者か、まず相談してみましょう!

横浜市でこれから事業をおこなう予定の方は、ごみについてきちんとした知識を身に着け適切な処理をおこないましょう。横浜市には、自治体の許可を得て運営しているごみ回収業者が数多くあります。

まずは気になる業者のホームページなどをチェックし、いくつかの業者に見積りを依頼してみましょう。見積りと対応、また都合に合わせて回収してくれるかどうかなどから判断し、最適な業者を見つけてみてください。

A事業系ごみとは、事業活動に伴って排出されるゴミすべてのことを指すそうです。
A事業活動とは、製造業や建設業などに限定されるものではなく、オフィス、商店等の商業活動や水道事業、学校、社会福祉施設等の公共事業も含めた広い意味とて捉えられているそうです。 このような事業活動から排出される事業系ごみの規定には、排出量の条件はないため、大企業から多量に排出される場合であっても、個人商店や店舗付き住宅のような小規模な事業所から排出される場合であっても、事業系ごみになるとのことです。
A事業者から廃棄物処理を受託できる業者は許可業者のみだそうです。なので、許可業者かどうかをしっかり確認し相談するのが良いとのことです。
A排出段階で分別を徹底することにより、多くのものがリサイクル可能となり、ごみ量を減らすことが可能になるため、ごみ処理経費の削減につながるそうです。また、環境問題が注目されている中、ごみの減量やリサイクルへの取り組みを積極的に行うことで、社会貢献につながるとともに、会社のイメージアップへもつなげることができるとのことです。
A 廃棄物を野外でドラム缶等を利用して焼却することは、廃棄物処理法で、原則として禁止されているようです。違反すると懲役5年以下又は1,000万円以下(法人の場合は3億円以下)の罰金又はその併科に処されるとのことです。ごみの焼却は廃棄物処理法の構造基準に適合した焼却炉で、環境大臣の定める方法による焼却以外には、原則認められていないそうです。
A事業系ごみ回収業者によりますが、お願いできることが多いようです。

【横浜市】の事業系ごみ回収業者ランキング!おすすめ比較表

e-BRIGHT(イーブライト)
e-BRIGHT(イーブライト)の画像
横浜環境保全
横浜環境保全の画像
武松商事
武松商事の画像
ビッグサービス
有限会社ビッグサービスの画像
藤ビルメンテナンス
藤ビルメンテナンスの画像
おすすめポイント
24時間365日いつでも回収可能。飲食店を中心にあらゆる業種や業態に対応
おすすめポイント
設立から50年、廃棄物の回収から再資源化までの仕組みを確立している
おすすめポイント
業界最大規模の車両を保有し、大量廃棄の回収も可能。廃棄物を一括で取扱う
おすすめポイント
大型の産業廃棄物や機密文書の処理も安心して任せられる
おすすめポイント
収集から再資源化までを自社でトータル管理し、資源循環型社会の貢献に寄与
回収可能なごみ
一般廃棄物、産業廃棄物、機密文書、粗大ごみ
回収可能なごみ
一般廃棄物、産業廃棄物、資源物など
回収可能なごみ
一般廃棄物、産業廃棄物など
回収可能なごみ
一般廃棄物、産業廃棄物、古紙など
回収可能なごみ
一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理産業廃棄物など
事業内容
一般廃棄物処理/産業廃棄物処理/グリストラップ清掃/資源回収・機密文書/粗大ごみ/運送事業 など
事業内容
一般廃棄物収集運搬処分/産業廃棄物収集運搬処分/医療系産業廃棄物収集運搬/資源物収集運搬(リサイクル業)/産業廃棄物中間処理(破砕、溶融)/一般廃棄物再生肥料の製造、販売 など
事業内容
中間処理・リサイクル事業/一般廃棄物収集運搬/産業廃棄物収集運搬/リユース・アップサイクル事業/オフィス移転/コンサルティング・管理業務 など
事業内容
古紙回収業/一般廃棄物収集運搬業/産業廃棄物収集運搬・処分業
事業内容
一般廃棄物の収集、運搬/産業廃棄物の収集、運搬及び処理/特別管理産業廃棄物の収集、運搬 ビル管理全般/建築物の環境衛生管理及び建築設備の運転、点検及び整備 など
会社情報
株式会社イーブライト
住所:神奈川県横浜市都筑区北山田1-8-12-601(オフィス)
TEL:045-548-8115
会社情報
横浜環境保全株式会社
住所:神奈川県横浜市中区山下町273 JPT元町ビル2F
TEL:0120-53-6680
会社情報
武松商事株式会社
住所:神奈川県横浜市中区山下町105
TEL:045-681-4376
会社情報
有限会社 ビッグサービス 横浜青砥事業所
住所:神奈川県横浜市緑区青砥町339-3
TEL:044-853-0823
会社情報
藤ビルメンテナンス株式会社 横浜営業所
住所:神奈川県横浜市緑区青砥町559-1
TEL:045-935-2808(横浜支店)
対応地域
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県
対応地域
横浜市など
対応地域
神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、宮城県
対応地域
神奈川県、東京都
対応地域
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・石川県・富山県
もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく

記事一覧

投稿日 2024.05.15
事業活動に伴い必ず排出されるのが不要物です。一見同じに見えても、「産業廃棄物」と「有価物」では処理方法や責任の所在が大きく異なります。間違った処理をしてしまうと、法令違反で罰金を科せられる可
続きを読む
投稿日 2024.04.15
消火器はいざという時に命を守る大切な存在です。しかし、古くなったり、引っ越しなどで不要になったりした場合はどうすれば良いのでしょうか?一般のゴミとして捨てることはできません。適切な方法で処分
続きを読む
投稿日 2024.03.15
近年、私たちの生活には電池が欠かせない存在となりました。しかし、使い終わった電池を適切に処理しないと、環境への影響が懸念されます。本記事では、電池を事業系ごみとして捉えることの重要性や、電池
続きを読む
投稿日 2024.02.15
事業ごみの適切な分別と収集は、環境保護の観点からも欠かせません。事業ごみを不適切な方法で処分すると、法律違反になるだけではなく、環境汚染や公害問題に発展する可能性があります。社内で連携してご
続きを読む
投稿日 2024.01.15
事業系ゴミとは、企業や事業所で発生するさまざまな廃棄物のことを指します。事業活動における環境への配慮はますます重要となっていますが、ゴミの分別方法や適切な捨て方がわからないこともありますよね
続きを読む
投稿日 2023.12.15
地球環境の保護に関心が高まっている現代社会では、廃プラスチックについての関心も高まっています。今回の記事では、用語の意味、区分、リサイクル方法について紹介するので、今後の参考にしてください。
続きを読む
投稿日 2023.11.15
事業系ごみは家庭ごみと同じように出せないことになっているので、自分でごみを処理施設に持ち込む方法と、処理業者のサービスを利用する方法のどちらかを選択しなければいけません。家庭ごみのように無料
続きを読む
投稿日 2023.10.15
事業活動をしているときに排出されるごみを、どのように処分すれば分からない人は、家庭ごみとは異なることを認識しましょう。今回の記事では、事業系ごみと家庭ごみの違いを紹介した後に、罰則を受けない
続きを読む
投稿日 2023.09.15
事業運営をしていると、さまざまなごみが発生します。とくに物品の仕入れがある事業は、コンスタントに段ボールごみが発生するでしょう。紙製ではありますが、大きく重量もあるので、処理の仕方がわかりに
続きを読む
投稿日 2023.08.15
何かしらの事業活動で発生した事業ごみは、業者へ依頼して処分してもらうのが一般的です。しかし、中には「処理施設へ自分で持ち込めないのかな?」と思っている人がいるかもしれません。そこで今回は、事
続きを読む
サイト内検索

【NEW】新着情報

事業活動に伴い必ず排出されるのが不要物です。一見同じに見えても、「産業廃棄物」と「有価物」では処理方法や責任の所在が大きく異なります。間違った処理をしてしまうと、法令違反で罰金を科せられる可
続きを読む
消火器はいざという時に命を守る大切な存在です。しかし、古くなったり、引っ越しなどで不要になったりした場合はどうすれば良いのでしょうか?一般のゴミとして捨てることはできません。適切な方法で処分
続きを読む
近年、私たちの生活には電池が欠かせない存在となりました。しかし、使い終わった電池を適切に処理しないと、環境への影響が懸念されます。本記事では、電池を事業系ごみとして捉えることの重要性や、電池
続きを読む
事業ごみの適切な分別と収集は、環境保護の観点からも欠かせません。事業ごみを不適切な方法で処分すると、法律違反になるだけではなく、環境汚染や公害問題に発展する可能性があります。社内で連携してご
続きを読む
事業系ゴミとは、企業や事業所で発生するさまざまな廃棄物のことを指します。事業活動における環境への配慮はますます重要となっていますが、ゴミの分別方法や適切な捨て方がわからないこともありますよね
続きを読む
地球環境の保護に関心が高まっている現代社会では、廃プラスチックについての関心も高まっています。今回の記事では、用語の意味、区分、リサイクル方法について紹介するので、今後の参考にしてください。
続きを読む
事業系ごみは家庭ごみと同じように出せないことになっているので、自分でごみを処理施設に持ち込む方法と、処理業者のサービスを利用する方法のどちらかを選択しなければいけません。家庭ごみのように無料
続きを読む
事業活動をしているときに排出されるごみを、どのように処分すれば分からない人は、家庭ごみとは異なることを認識しましょう。今回の記事では、事業系ごみと家庭ごみの違いを紹介した後に、罰則を受けない
続きを読む
事業運営をしていると、さまざまなごみが発生します。とくに物品の仕入れがある事業は、コンスタントに段ボールごみが発生するでしょう。紙製ではありますが、大きく重量もあるので、処理の仕方がわかりに
続きを読む
何かしらの事業活動で発生した事業ごみは、業者へ依頼して処分してもらうのが一般的です。しかし、中には「処理施設へ自分で持ち込めないのかな?」と思っている人がいるかもしれません。そこで今回は、事
続きを読む