PR e-BRIGHT(イーブライト)

e-BRIGHT(イーブライト)の画像1
24時間365日いつでも回収可能。飲食店を中心にあらゆる業種や業態に対応
会社名株式会社イーブライト
所在地【オフィス】
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1丁目2-20 フロンティアビル601
電話番号045-548-8115
事業内容事業系一般廃棄物収集運搬業(横浜市第1159号・川崎市第0234号)
産業廃棄物収集運搬業許可 第176522号(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、茨城県)
一般貨物自動車運送業 関自貨第969号
一般建設業許可 神奈川県知事許可(般-3)第88568号 (とび・土工工事業)
貨物軽自動車運送事業者登録
保有車両【横浜市】
2t塵芥車1台
3t塵芥車4台
4t塵芥車1台
【川崎市】
2t塵芥車1台
3t塵芥車1台
【産業廃棄物】
4tアームロール1台
2tダンプ2台
キャラバン2台
など
車両台数29台(営業車含む)(2021/7月1日現在))
ゴミ袋の値段要問合せ

事業系ごみ回収の業者を探している人の中で「どこに頼めばいいかわからない」「回収を依頼するなら時間や曜日指定がしたい」などの疑問や要望のある方はいるのではないでしょうか。そういった方は、株式会社イーブライトがおすすめです。株式会社イーブライトでは24時間365日、回収に対応してくれます。この記事ではイーブライトの特徴と、そのサービスについて解説しますので参考にしてください。

電話で料金を聞くe-BRIGHT(イーブライト)の公式サイトを見てみる

イーブライトの特徴①横浜・川崎エリアで事業系ゴミ回収サービス人気1位の実績

e-BRIGHT(イーブライト)の画像4イーブライトは「世界をクリーンでエコな世の中に変えていくため、事業を通して環境保全に取り組んでいる」ごみ回収サービス業者です。主な事業としては、一般廃棄物処理、産業廃棄物処理、グリストラップ清掃などで、それらに加えて運送事業や即配事業も展開しています。

事業を通じて多くの顧客や事業に貢献しており、実際にその仕事ぶりは高く評価されています。日本マーケティング機構が行った調査によると、2021年7月のブランド調査では「横浜・川崎エリアで事業系ゴミ回収サービス人気第1位」「飲食関係者が推奨するごみ回収サービス第1位」「総務部・環境部が選ぶ事業系廃棄物専門会社第1位」と堂々の3冠を達成しています。

この結果からも、イーブライトのサービスは多くの事業者から、高い評価を得ていることがうかがえます。事業系ごみ回収の業者を探されている人は、サービスの実績をもとにイーブライトを検討してみてはいかがでしょうか。

電話で料金を聞くe-BRIGHT(イーブライト)の公式サイトを見てみる

イーブライトの特徴②飲食店からオフィス系など、あらゆる業種に対応

e-BRIGHT(イーブライト)の画像3一般廃棄物処理の事業では、飲食店・美容室・歯医者・オフィスなどさまざまな業種・業態に対してサービスを展開しています。顧客の廃棄物を計量して、それぞれのニーズに合わせて対応してくれます。

一般廃棄物処理のサービス対応地域は、横浜市と川崎市です。365日24時間、対応が可能で、相談してから24時間以内に現場へ駆けつけるスピード感も魅力のひとつでしょう。

すべての車両に計量器がついており、可燃の日・不燃の日が決まっていないことは大きなメリットといえます。とくに毎日大量のゴミが出てしまう飲食店からの評判は高く、土日やゴミの種類に関係なく、イーブライトなら毎日回収に来てくれるので安心して任せられるはずです。

また、ゴミに関する要望やヒアリングも丁寧にしてくれるため、何か困ったことがあれば担当者にすぐに相談してみるといいでしょう。飲食店を営業するうえで出るゴミは何でも回収してくれるだけでなく、来客が忘れた大量のビニール傘などもまとめて回収してくれます。取引までの流れは問合せ後に現地確認が行われ、打ち合わせからの見積提出、納得できたらゴミ袋の購入といったかたちです。

イーブライトの特徴③環境保全のため、収集・分別・リサイクルを実施

e-BRIGHT(イーブライト)の画像4イーブライトでは、企業から排出された廃棄物の収集・分別・リサイクルが実施されています。廃棄物の処理は破砕処理で細かくして分別、その際に再利用できないものは最終処分場へ運搬されます。

廃プラスチックや木、紙などの再利用が可能な資源は再利用をするよう徹底されています。イーブライトはサービスを通じて、エコでクリーンな世界の実現のため日々取り組んでいます。

産業廃棄物処理のサービス対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県の関東圏を広くカバーしています。依頼から清掃までの流れも「問合せ」「状況ヒアリングと打ち合わせ」「契約」の3ステップのみと簡単です。

また、廃棄物処理サービスと併せてグリストラップ清掃のサービスも提供しており、飲食店、ホテル、介護施設、給食センター、コンビニを中心にグリストラップの清掃・衛生管理・悪臭対策まで実施しています。長年にわたるグリストラップ清掃の実績と、対応に従事してきたスタッフと、性能の高い専用の機材でしっかりとキレイにしてくれると評判のサービスです。

価格も月1回8,980円〜と業界を見渡してみても、安価な価格で提案してくれることも魅力のひとつ。こちらのサービス対応も365日24時間対応しているため、時間や曜日の指定も可能です。

イーブライトの特徴④状況やニーズに応じた最適なプランを提案してくれる

e-BRIGHT(イーブライト)の画像5イーブライトでは、粗大ゴミの回収も対応しています。家庭やオフィスから出るタンス・テーブルなどの大型家具から、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電まで、引っ越しや店舗もしくは事務所の移転や閉店などで出る不用品の回収なども行っています。

さらには、故人の遺品整理にも対応しているため、顧客の幅広いニーズに応えてくれるのはうれしいポイントでしょう。顧客ごとのニーズや、状況をしっかりと把握したうえで、最適なプランを提案してくれるので、まずは気になったら相談してみるといいでしょう。

粗大ゴミ回収のサービス対応地域も、産業廃棄物処理と同様に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県の関東全域となっています。また、ほかにも機密文書の処理にも対応しています。機密文書とは、たとえば、病院のカルテのような適正な処理が必要となる個人情報などです。

大量の書類を処理するには時間と手間がかかるだけでなく、機密性の高い書類をシュレッダーで廃棄する場合、セキュリティ面や料金も気になるところでしょう。そんな時もイーブライトでは時間とコストを抑えつつ、セキュリティ面にも配慮して処理してくれるため、安心して機密文書を破棄できるでしょう。

まずは公式サイトから問合せしてみよう!

横浜市を中心に関東エリアで事業を展開しているイーブライトは、その仕事ぶりが高く評価され、「横浜・川崎エリアで事業系ゴミ回収サービス人気ランキング」で1位を獲得するなど確かな実績があります。飲食店を中心に廃棄物回収を提供しており、24時間365日いつでも回収の対応をする点、可燃の日・不燃の日が決まっていない点は多くの事業者にとってメリットとなっています。

粗大ゴミの回収や遺品整理、機密文書の処理にも対応するなど、幅広くサービスを展開しているためゴミ回収などで業者を探しているという人にはおすすめの会社です。ぜひ一度公式サイトから問合せしてみてください。
電話で料金を聞く

e-BRIGHT(イーブライト)の公式サイトを見てみる
サイト内検索

【NEW】新着情報

事業活動に伴い必ず排出されるのが不要物です。一見同じに見えても、「産業廃棄物」と「有価物」では処理方法や責任の所在が大きく異なります。間違った処理をしてしまうと、法令違反で罰金を科せられる可
続きを読む
消火器はいざという時に命を守る大切な存在です。しかし、古くなったり、引っ越しなどで不要になったりした場合はどうすれば良いのでしょうか?一般のゴミとして捨てることはできません。適切な方法で処分
続きを読む
近年、私たちの生活には電池が欠かせない存在となりました。しかし、使い終わった電池を適切に処理しないと、環境への影響が懸念されます。本記事では、電池を事業系ごみとして捉えることの重要性や、電池
続きを読む
事業ごみの適切な分別と収集は、環境保護の観点からも欠かせません。事業ごみを不適切な方法で処分すると、法律違反になるだけではなく、環境汚染や公害問題に発展する可能性があります。社内で連携してご
続きを読む
事業系ゴミとは、企業や事業所で発生するさまざまな廃棄物のことを指します。事業活動における環境への配慮はますます重要となっていますが、ゴミの分別方法や適切な捨て方がわからないこともありますよね
続きを読む
地球環境の保護に関心が高まっている現代社会では、廃プラスチックについての関心も高まっています。今回の記事では、用語の意味、区分、リサイクル方法について紹介するので、今後の参考にしてください。
続きを読む
事業系ごみは家庭ごみと同じように出せないことになっているので、自分でごみを処理施設に持ち込む方法と、処理業者のサービスを利用する方法のどちらかを選択しなければいけません。家庭ごみのように無料
続きを読む
事業活動をしているときに排出されるごみを、どのように処分すれば分からない人は、家庭ごみとは異なることを認識しましょう。今回の記事では、事業系ごみと家庭ごみの違いを紹介した後に、罰則を受けない
続きを読む
事業運営をしていると、さまざまなごみが発生します。とくに物品の仕入れがある事業は、コンスタントに段ボールごみが発生するでしょう。紙製ではありますが、大きく重量もあるので、処理の仕方がわかりに
続きを読む
何かしらの事業活動で発生した事業ごみは、業者へ依頼して処分してもらうのが一般的です。しかし、中には「処理施設へ自分で持ち込めないのかな?」と思っている人がいるかもしれません。そこで今回は、事
続きを読む