株式会社春秋商事の口コミや評判

公開日:2022/05/01  最終更新日:2022/05/25

春秋商事

事業などで必然的に出る廃棄物を毎月処分するのはかなりの手間がかかります。とくに産業廃棄物は、国からの認可を得た業者しか処分できません。春秋商事は、一般廃棄物はもちろん産業廃棄物にも対応しており、ただ処分するだけでなく常に環境を守ることを第一に事業を展開しています。そんな春秋商事の取り組みを詳しくみていきましょう。

横浜市の認定を受けた適正業者

横浜市内にて粗大ゴミを回収するには横浜市の許可を受ける必要があります。春秋商事は横浜市の許可を得ているため、安心して粗大ゴミの回収を任せられます。ここでは詳しい事業内容をみていきましょう。

一般廃棄物収集運搬業

一般家庭などから出る粗大ゴミや資源ゴミなどを回収し、適切な処分施設へ運搬します。マンションなど、集合住宅からの運び出しも可能なほか、引越し時に大量に出る粗大ゴミの回収も行えます。

産業廃棄物の収集運搬業

産業廃棄物は、一般廃棄物として処分のできない廃棄物を指すようです。契約書の締結とマニフェストの発行を行わないと産業廃棄物の回収はできません。たとえば廃プラスチック類、金属くず、廃油などが当てはまります。

産業廃棄物処分業

横浜市より産業廃棄物処分業許可を取得し、独自に保持する都筑中間処理リサイクルセンターにて、受け入れた廃棄物をすべてリサイクルしています。

溶融、破砕、圧縮の処理方法で廃プラスチック類や紙・木・繊維・ゴム・金属・ガラス・コンクリート・陶磁器から出るくずをリサイクルするようです。

一般貨物運送事業

神奈川県を中心とした一都三県において、クリーニング製品の配送業務を行っています。主に使用するのは2tアルミバン、4tアルミバンの大型トラックです。4t平ボディによる貸切輸送も依頼できます。

大型トラックの運転には高度な技術と知識が不可欠であり、運行の安全を確保するためにも、社員教育や人材育成に力を入れています。

収集方法と料金の決め方

ゴミの収集を依頼する際の一連の流れや、どのように料金が決められるかをあらかじめ確認しておきましょう。

一般廃棄物の場合

営業マンが訪問し、可燃・不燃・ビン缶・古紙などの収集品目の確認と排出量の把握を行います。あわせて収集曜日や回数、排出場所を相談し、料金を決めていきます。料金の決定には2つの方法があり、処理単価を決める方法と月極固定料金にする方法の2つです。処

理単価を決める方法は月ごとにゴミの排出量が変動する客層向けで、品目ごとに処理単価を決めて支払い額を計算します。月極固定料金の場合、毎月同じ金額でゴミの収集を依頼できます。固定料金の決定には約1か月間の排出量調査期間が必要です。

産業廃棄物の場合

営業マンによる収集品目や排出量の把握ののち、処分方法と処分場を決定します。処理料金を決め、契約書の締結を行い、マニフェストとよばれる産業廃棄物管理伝票を発行してからゴミの回収を行います。

料金の決め方はコンテナを使用する場合・処理単価を決める場合・スポット収集でそれぞれ異なり、産業廃棄物を破砕するコンテナを設置して使用する場合、月額のリース料が必要です。

毎月少量のゴミを収集する場合は処理単価を品目ごとに決め、ゴミ排出量に単価を乗じて料金を決めます。スポット収集は不定期対応のため、営業マンの見積もりのもと、その場の排出量に応じて適切な料金を決めます。

株式会社春秋商事の独自の取り組み

春秋商事は一般廃棄物や産業廃棄物の収集および運搬からリサイクルまでを担い、企業による環境負荷の少ない事業活動と循環型社会の構築を応援しているようです。環境保全に力を入れている証拠として、平成15年3月には環境ISO14001の認証を取得、地球環境へ配慮した組織であると国際的に認められました。

「ありがとう!ヨコハマクリーンアップ」活動の一貫としてリサイクルセンターや車庫の周辺を毎月2回清掃、リデュース・リユース・リサイクルを積極的に行い横浜市の未来の環境をよくするための運動である「ヨコハマ3R夢パートナー」への参加、「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し深刻化する海洋汚染の問題に取り組むなど、さまざまな活動を通して地域の美化に貢献しています。

毎年必ず環境目的・目標を定め、焼却廃プラスチックの削減や地域貢献のための自発的活動の実施、なかにはクレームの減少など、多岐にわたる目標の設定により事業改善を欠かしません。

また一般貨物運送部門では輸送の安心安全を確保するためにさまざまな教育や訓練、デジタルタコグラフやドライブレコーダーの導入に努めた結果、輸送体制や継続的な教育・訓練が評価され安全性優良事業所に認定されました。安全性はもちろん、輸送の効率をあげてコストを下げるといったコスト面での安心にもつながっているのです。

 

設立50周年を迎えた春秋商事は、さまざまな許認可を受けてきた実績とともに、長年培ってきた豊富な経験や知識で廃棄物の適正処理やリサイクルによる環境保全に日々努めているのです。顧客は横浜市だけでなく、首都圏全域にわたります。環境負荷の少ない事業活動で地域に貢献し、地域との共生を目指してきた結果、多くの顧客に支持されているのでしょう。

 

横浜のゴミ回収業者ランキング

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

事業ごみの適切な分別と収集は、環境保護の観点からも欠かせません。事業ごみを不適切な方法で処分すると、法律違反になるだけではなく、環境汚染や公害問題に発展する可能性があります。社内で連携してご
続きを読む
事業系ゴミとは、企業や事業所で発生するさまざまな廃棄物のことを指します。事業活動における環境への配慮はますます重要となっていますが、ゴミの分別方法や適切な捨て方がわからないこともありますよね
続きを読む
地球環境の保護に関心が高まっている現代社会では、廃プラスチックについての関心も高まっています。今回の記事では、用語の意味、区分、リサイクル方法について紹介するので、今後の参考にしてください。
続きを読む
事業系ごみは家庭ごみと同じように出せないことになっているので、自分でごみを処理施設に持ち込む方法と、処理業者のサービスを利用する方法のどちらかを選択しなければいけません。家庭ごみのように無料
続きを読む
事業活動をしているときに排出されるごみを、どのように処分すれば分からない人は、家庭ごみとは異なることを認識しましょう。今回の記事では、事業系ごみと家庭ごみの違いを紹介した後に、罰則を受けない
続きを読む
事業運営をしていると、さまざまなごみが発生します。とくに物品の仕入れがある事業は、コンスタントに段ボールごみが発生するでしょう。紙製ではありますが、大きく重量もあるので、処理の仕方がわかりに
続きを読む
何かしらの事業活動で発生した事業ごみは、業者へ依頼して処分してもらうのが一般的です。しかし、中には「処理施設へ自分で持ち込めないのかな?」と思っている人がいるかもしれません。そこで今回は、事
続きを読む
飲食店を開業・経営するときに必ず知っておきたいものが、事業ごみです。家庭ごみと異なって市区町村は回収してくれないため、正しい方法で廃棄しなければいけません。もし適切に処分しないと、法律で罰せ
続きを読む
事業ごみで出たスプレー缶は、正しい処理方法を行わないと爆発の危険性があり、大変危険です。特にお店などスプレー缶をたくさん使用する場合は、正しい処理方法を知る必要があるでしょう。本記事では、事
続きを読む
会社でしっかりとごみの分別を行えているか、疑問に思う方もいるでしょう。従業員が飲んだペットボトルのごみはたくさん溜まりやすいものです。適当にごみに出してしまうとリサイクルできなかったりごみ処
続きを読む
事業系ごみ関連コラム